朱優mamaほのぼの日記 ★ 可愛い兄弟&天使になった娘との愛情いっぱい日常生活

プロフィール

syumama

Author:syumama
2004年 6月 ゆう誕生
2006年10月 しゅう天使に
2007年10月 ゆら誕生
2009年11月 ゆま誕生

27歳で結婚して、
妻になり主婦になり母になり、
命の輝かしさ・尊さ、
子どもたちへの愛を
実感する毎日です。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

データ取得中...

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

リンク

おすすめ

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

--.--.-- (--)  ☆ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2006.10.07 (Sat)  ☆ 入院生活

シュウちゃんの火葬に私も参加できるように、
また、他の赤ちゃんの声などが聞こえる産院に長く居るのは辛いだろうから・・・、
という先生の配慮によって、私の産後の入院生活は2泊3日だけ。
新生児室から離れた部屋で、毎日の検診も他の人とは違う時間帯。
病院のスタッフの方たちは、本当にいろいろ気を遣ってくださり、
みんなとっても優しかったです。

睡眠薬を処方してもらったのに、飲んでも全く眠れず、
ご飯も全然受け付けなくて、泣いてばかりいました。
それでも気心知れた友人と電話で話したり、看護婦さんに話を聞いてもらったり、
人と話すことで気持ちの整理が出来ることも。
そして何よりも私の気持ちを癒してくれたのが、ユウのお見舞い。
ユウはまだ事態を正しくは把握出来ていないけれど、
私が悲しんでいることは十分分かっているようで、
子どもなりに精一杯おどけたりして笑わせてくれました。

入院中最も辛かったのは、赤ちゃんの泣き声より、
隣室へお見舞いに来た人たちの歓喜の声。
新しい命の誕生をみんなで喜び合っている状況が伝わってきて、
つくづく天国と地獄だな・・・と思い、落ち込みました。

10月7日無事退院。退院してすぐ、次の日の火葬の準備。
辛いけれど忙しくすることで気を紛らわせていました。

スポンサーサイト

シュウのこと | trackback(0) | comment(0) |


<<お葬式 | TOP | 朱優と過ごした時間>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://syu1005.blog32.fc2.com/tb.php/113-e043856e

| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。